Construct2の説明をする前に”Construct2″そのものについてちょっと話をしようか
よろしくお願いしまーす

 

まずこのツールの大きな特徴の一つとしてプログラミングの知識がなくてもゲームが作れるというのがある
おぉー…じゃあまったくの0からゲームがつくれるということね?

 

多少覚えてもらう事があるがその認識で問題ない、だがこのツールは日本語に対応してなく、UIが全部英語で表記されているんだ
えぇ!、じゃあまったく英語ができない人は作れないってこと?

 

厳しいがそういうことになる、だが簡単な英単語を理解出来ていればそれで問題ない、というのもゲームを実際に作る際”〇〇が△△の場合✕✕をする”といった形の動作イベントの名称が英語になってるんだ、実際の画面だとこんな感じにある

左のイベント(“Player”と”Enemy”が衝突)がトリガーになって右のアクション(“Player”を破壊する)が実行されるという仕組みになっている

ふむふむ、だからイベント、アクションの名称が分からないと出来ないのね。この程度なら翻訳サイト使いながらできそうね

 

あぁ、ここまで説明してなんだが実は日本語に対応した”プログラミングの知識なしでゲームを作れるツール”というのは他にもあるんだ。
ふぇ、じゃあなんでわざわざ英語表記しかないこのツールを選んだの?

 

たまたまというかなんというか…始めはMMF2(現:ClickTeamFusion2.5)というツールを使ってゲームを作ってたんだ、今でこそ日本語対応してるが昔はこのツールも日本語に対応していなくてな、同じ英語のツール使うなら自分が一番使いやすいやつにしようと思って制作ツールを漁ってた時期があったんだ。
なるほど、んでしっくり来たのがConstruct2だったってわけね

 

そういうことだ、それで何が言いたいかというとゲーム作るならこのツールじゃなきゃ駄目!って理由はない、出鼻を挫くようで申し訳ないが何にしてもツール選びは慎重にやってほしい、後悔先に立たず、だ
逆にこのツールを使う利点て何かあるの?

 

HTML5ベースで作られてるから実際にゲームを動かす際、WEBブラウジングできる端末であれば理論上どれでも動く、CF2.5も別途エクスポーターを用意すればできるんだがHTML5で作る前提で両方の製品を比べた際CF2.5+HTML5エクスポーターよりConstruct2の方が多少安いのと、個人的にConstruct2のUIの方が使いやすかった。
じゃあこのツールの講座を開いた理由は?

 

一つに日本語のチュートリアルが公式以外圧倒的に少ない、もう数えるほどもない。二つにゲーム作りたいけどプログラミングの知識がない人をサポートしてあげたい。三つ目は日本製のConstruct2のゲームを見てみたい。以上三つだ。もしConstruct2でゲームを作ったことがある人がいたらぜひともコメントを残してほしい。
なるほどねー

 

では次回から実際にツールを動かしながら説明していこうと思う、もし少しでも興味が湧いたら続きを見てくれるとありがたい
講座は基本こういった対話形式で進めていくから苦手な人はごめんなさいね

Construct2について(その1)